2012年06月30日

ユーロ2012 イタリア×ドイツ

ユーロ2012、大会もいよいよ佳境に入った準決勝。
見ごたえのある試合が続く。

ドイツの下馬評は非常に高かった。確かに、大会ここまで唯一の4戦全勝。勝ちっぷりも盤石といえ、攻守にバランスがいいしスキがない。得点パターンもバリエーション豊富。中軸となるエジル、ポドルスキー、ケディラ、ラームらと、若手のロイス、ゲッツェ、クロース、ベテランのシュバインシュタイガー、クローゼ…と選手のバランスもいい。

いかに攻撃的なスタイルに転向し、今大会好調なイタリアといえど、どこまでできるか。王者・スペインに対抗できるのはドイツだけ、というムードが満々だった。

フタを開けてみればポゼッションは互角。ややドイツの方が決定的チャンスは多いとはいえ、拮抗した試合展開となった。前の試合で延長・PKの激闘を制したイタリアに比べ、ややドイツの方がコンディションは良さそうだった。

しかしイタリアにはこの男がいた。バロテッリ。ついに眠れる怪物が爆発した。2点目のスーパーゴールは語り継がれる伝説になろう。前半だけで2得点。

こうなればイタリアは強い。全盛期かと見まごう鬼神のごときセーブ見せるブッフォン、針の穴を通すスルーパスでゲームを支配するピルロ、縦横無尽のデ・ロッシ。いかに攻撃的になったとはいえカテナチオはイタリアのDNA。最後までPKの1点に抑え凌ぎきった。

ついに王者・スペインとの頂上決戦だ。イタリアのパスサッカーが、本家である王者にどこまで通用するか、楽しみは尽きない。

ナース人材バンク 転職
アイキューピット 婚活
水の彩 生協
posted by mi〜@ at 05:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。