2012年07月01日

浦和レッズは今日も引き分け

雨の長居スタジアム。ドイツ・ニュルンベルクに移籍するC大阪・清武の日本ラストマッチ。OBの香川(マンチェスターU!)も見ていたみたい。

ここのところ上位陣の引き分けが多く、せっかく一気に上位を狙えるチャンスなのに、こちらもまたもやお付き合い。

前半、柏木とのワンツーからうまく抜け出した鈴木が先制点。前半は、まあ互角といってもいい内容。向こうも肝心の清武の出来はいまひとつ(1本、柿谷へのいいクロスがあったが)で、ケンペスもダメダメで助かった。元祖ジーニアス・柿谷は切れていたが。

後半、浦和は明らかに重心が後ろになり、ほぼポゼッションはセレッソに。再三の決定的ピンチをGK・加藤のブッフォンばりの好セーブでしのぐばかり。それでも後半、カウンターからのチャンスはいつくかあったが、シュートはたった1本に終わっている。こちらも途中投入のデスポトビッチが大ブレーキ。「ナビスコビッチ」とか言われてるのには笑ったわ。

終盤、ペナ前で引きっぱなしになっているところにシュートの雨あられ。嫌な予感漂う中、誰かのシュートのこぼれ球を柿谷に押し込まれ、ロスタイムについに同点。こういう試合が多過ぎる。

アホか!! なんで後半からいきなり昔のイタリアみたいに守り切ろうなんてなってんだよ。追加点を狙う姿勢がまったく見えないし、守るといってもボールをつなぐとか、中盤のポゼッションを高めるとかいろいろあんだろ。阿部とか鈴木とかベテラン陣がコントロールしてほしかった。監督の采配もようわからん。

いまだに上位にいるのが信じられん。こんなんじゃとても優勝争いなんてできん。ペトロビッチってホントに名監督!?

サミットネットスーパー
サミット 宅配
ボニック 体験記
なかきれい酵素

posted by mi〜@ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。