2012年08月10日

日本卓球界初の快挙!

ロンドン五輪・卓球女子団体で日本がオリンピック初のメダル(しかも銀メダル!)を獲得した。

最初聞いたときは「あれ? 初?」と思った。何度か銅メダルを獲得しているのでは…と一瞬思ったが、それは世界選手権だった。

そう、オリンピックでは初なのだ。しかもあの卓球帝国・中国に次ぐ第2位=ファイナリストとは…これを快挙と言わずしてなんと言おう。

これまで日本は、トーナメント表で中国と違う山(中国と当たるのは決勝だけ)に入る第2シードを獲得するため、極めて多くのサーキットをこなすなど、かなりの無理をしてきた。 石川などはジュニアの試合までこなす強行軍ぶり。その結果、国別世界ランクの第2位までランクアップし、ついに念願の第2シードを獲得した。

そんな戦略と努力もこの結果に結実した。

準決勝、シンガポール戦・第1試合、福原×フォン・テンウェイ。ここがこの対戦のキーポイントだった。フォン・テンウェイは個人戦の準決勝で石川を破って銅メダルを獲得した強敵だ。福原も確かあまり勝ったことがないと思う。これを第1ゲームから福原は焦らず粘り強く戦い3-1で退ける。これでチームが勢いに乗った。

続く石川は強打のベテラン・ワン・ユエグーに1ゲームも落とさずに勝ちきる。相手はほとんど手も足も出なかった。ここぞという大事なポイントでの石川の心臓の強さにいつも恐れ入る。

一気に決めたい次のダブルスは石川が平野とペアを組み、リ・ジャウウェイ&ワン・ユエグー組にこれまた1ゲームも許さず完勝。3番手と目された平野がここでチームを引っ張った。考えてみればこの3人は皆、日本選手権の覇者なのだ。

これでなんと日本が、2年前の世界選手権では中国の9連覇を阻んで世界チャンピオンにもなったシンガポールを3-0で破ってしまった! 感涙。

決勝では、さすがに中国には敗れたが、トータルで2ゲームも獲っただけでもかなりの進歩だと思う。数年前なら当然のようにストレート負け、というよりまず決勝までたどり着けていない。

卓球界の歴史に新たなる記念碑が刻まれた日だった。胸を張っていい。



ミスパリ 渋谷店
ラクチュア トライアル
ミスパリ 立川店
ラクチュア モニター
posted by mi〜@ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。