2012年08月10日

日本卓球界初の快挙!

ロンドン五輪・卓球女子団体で日本がオリンピック初のメダル(しかも銀メダル!)を獲得した。

最初聞いたときは「あれ? 初?」と思った。何度か銅メダルを獲得しているのでは…と一瞬思ったが、それは世界選手権だった。

そう、オリンピックでは初なのだ。しかもあの卓球帝国・中国に次ぐ第2位=ファイナリストとは…これを快挙と言わずしてなんと言おう。

これまで日本は、トーナメント表で中国と違う山(中国と当たるのは決勝だけ)に入る第2シードを獲得するため、極めて多くのサーキットをこなすなど、かなりの無理をしてきた。 石川などはジュニアの試合までこなす強行軍ぶり。その結果、国別世界ランクの第2位までランクアップし、ついに念願の第2シードを獲得した。

そんな戦略と努力もこの結果に結実した。

準決勝、シンガポール戦・第1試合、福原×フォン・テンウェイ。ここがこの対戦のキーポイントだった。フォン・テンウェイは個人戦の準決勝で石川を破って銅メダルを獲得した強敵だ。福原も確かあまり勝ったことがないと思う。これを第1ゲームから福原は焦らず粘り強く戦い3-1で退ける。これでチームが勢いに乗った。

続く石川は強打のベテラン・ワン・ユエグーに1ゲームも落とさずに勝ちきる。相手はほとんど手も足も出なかった。ここぞという大事なポイントでの石川の心臓の強さにいつも恐れ入る。

一気に決めたい次のダブルスは石川が平野とペアを組み、リ・ジャウウェイ&ワン・ユエグー組にこれまた1ゲームも許さず完勝。3番手と目された平野がここでチームを引っ張った。考えてみればこの3人は皆、日本選手権の覇者なのだ。

これでなんと日本が、2年前の世界選手権では中国の9連覇を阻んで世界チャンピオンにもなったシンガポールを3-0で破ってしまった! 感涙。

決勝では、さすがに中国には敗れたが、トータルで2ゲームも獲っただけでもかなりの進歩だと思う。数年前なら当然のようにストレート負け、というよりまず決勝までたどり着けていない。

卓球界の歴史に新たなる記念碑が刻まれた日だった。胸を張っていい。



ミスパリ 渋谷店
ラクチュア トライアル
ミスパリ 立川店
ラクチュア モニター
posted by mi〜@ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

花は頑張っている

今日の関東地方もよく晴れていて暑いですね〜^^:
そんななかでも綺麗な花は頑張って咲き誇っています
最近思ったことなんですが

花のちからって すばらしいです

たいがいの女性を ハッピーな気持ちにしてしまう

美しいものが好きなのは 男女一緒だと思うけど

どうして女性だけ、こんなに花に魅入られるの?

今一瞬を咲き誇る気高い花 

気高い花の横に咲いている 誰の目にも触れない花

風にそよぐ 頼りない花

なんだか分からないけど 香りをかいでしまう花

咲き乱れて 散りゆく花

みんなそれぞれ美しい 見れば見るほど美しい

花は自分がこんなに美しいのに 気がついていないね

見ている人は ちゃんといるんだよ

あなたの美しさに ちゃんと気づいている

花は 一生懸命生きている女性と一緒なんだよね

年齢も見た目も関係ない 

その人らしい美しさが輝いている

保険Cafe
エッセンシア酵素
プエラリア 効果
mc介護
介護DB
ホワイトショット





posted by mi〜@ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

浦和レッズは今日も引き分け

雨の長居スタジアム。ドイツ・ニュルンベルクに移籍するC大阪・清武の日本ラストマッチ。OBの香川(マンチェスターU!)も見ていたみたい。

ここのところ上位陣の引き分けが多く、せっかく一気に上位を狙えるチャンスなのに、こちらもまたもやお付き合い。

前半、柏木とのワンツーからうまく抜け出した鈴木が先制点。前半は、まあ互角といってもいい内容。向こうも肝心の清武の出来はいまひとつ(1本、柿谷へのいいクロスがあったが)で、ケンペスもダメダメで助かった。元祖ジーニアス・柿谷は切れていたが。

後半、浦和は明らかに重心が後ろになり、ほぼポゼッションはセレッソに。再三の決定的ピンチをGK・加藤のブッフォンばりの好セーブでしのぐばかり。それでも後半、カウンターからのチャンスはいつくかあったが、シュートはたった1本に終わっている。こちらも途中投入のデスポトビッチが大ブレーキ。「ナビスコビッチ」とか言われてるのには笑ったわ。

終盤、ペナ前で引きっぱなしになっているところにシュートの雨あられ。嫌な予感漂う中、誰かのシュートのこぼれ球を柿谷に押し込まれ、ロスタイムについに同点。こういう試合が多過ぎる。

アホか!! なんで後半からいきなり昔のイタリアみたいに守り切ろうなんてなってんだよ。追加点を狙う姿勢がまったく見えないし、守るといってもボールをつなぐとか、中盤のポゼッションを高めるとかいろいろあんだろ。阿部とか鈴木とかベテラン陣がコントロールしてほしかった。監督の采配もようわからん。

いまだに上位にいるのが信じられん。こんなんじゃとても優勝争いなんてできん。ペトロビッチってホントに名監督!?

サミットネットスーパー
サミット 宅配
ボニック 体験記
なかきれい酵素

posted by mi〜@ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。